地球が悪くなれば、人間は死ぬ滅びる

自然には食物連鎖があります。小さいものを大きなものが食べていくという循環です。
その中でも人間は悪食で他の生き物よりもたくさんの種類と数量を食べます。
それにもまして、自分が嫌いなものを殺します。それは他の生き物の食糧になっていてもいなくてもかまわず殺戮します。

そのようなことをすれば当然自分達の食べるものは種類も数も減少してくるのは目に見えて当たり前のことです。

それなのに食糧が減ったといって大騒ぎするのですから、訳がわからない下等生物に思えますねえ。
[PR]
by toshokan3 | 2004-12-27 00:16


<< 送料について